キレイな家
工事中01

色選びは見て決める

注文住宅であれば、好きな色を住宅に外壁塗装することができる。そのとき、印刷されたカタログを見て色を決めるのではなく、実際に塗装会社に赴き、塗られた色を確かめることが大事である。

Read More

ヘルメットの男

コーディネートする

色は景観のこともあり、また実際塗ってみると印象が違うということもある。このため、外壁塗装の色選びが難しい場合はなるべく基本色を使うことが大事である。ベージュや白、グレーやブルー系を選ぶと外しにくい。

Read More

壁の工事をする男

太陽光に耐える力

フッ素樹脂が配合されたペンキは耐用年数が高い。太陽光に常に晒されるので、なるべく紫外線を防止するペンキを外壁塗装には選ぶべきである。特に日本の南には紫外線が多い地域があるので、その地域の家は注意した方が良いといえる。

Read More

定期的にメンテナンス

マンション07

火災保険でお得に外壁塗装を埼玉のこちらが行ってくれますよ!保険で家を綺麗にすることが出来るなら嬉しいですよね

家はその人の暮らす場所であるので、その外観はすなわちそこに住んでいる人の性質を表現しているといえる。
伝統的な日本家屋が少なくなった今、家の構造はその人のセンスで設計され、管理されることになる。
よりお洒落に気を使う人であれば、もちろん家の外壁にも気を配ることになる。
家を始めとする建築は、芸術品でもある。
海外ではあまり家を建てたり壊したりすることはないが、その分そこにある建物を有効活用することに長けている。
このため、古くてもメンテナンスがしっかりしており、味のある外観になっている。
日本の気候はヨーロッパとは違い、高温多湿である。
物が腐食しやすくシロアリもついてしまうので、頻繁に建物が取り壊され、建て替えられることになる。
こうした地域毎の特色に合わせて、外壁塗装の選び方やメンテナンスの方法も変わってくるのである。

日本は高温多湿であり、降水量も多いので、それに合わせたメンテナンスをすることが大事である。
新築をするのであれば、最初からリフォームを見越した建築をするべきである。
リフォームの度に外壁の色を変えるのも楽しみの一つではあるので、一生飽きない色を選ぼうと気負う必要もない。
そうはいっても、納得して長く楽しむことができる外壁にするには、慎重に検討することが大事である。
外壁の色や塗装の仕方に付いては、プロが便りになる。
外壁塗装のプロに任せれば、長期的なメンテナンスを提案してくれる。

白い家の玄関

防水性で決める

常に雨風に晒されるものなので、外壁塗装の素材は防水性で決めるという選択肢もある。外壁に使われるモルタルは水に弱いので、特に定期的に外壁リフォームの時に塗装もすることが求められる。

Read More

黒っぽい家

業者に依頼する

外壁塗装は広い面積で行われ、二回部分は高所になるので、外壁を塗装してくれる専門業者に依頼するべきである。五年や十年を見込んで長期的にメンテナンスを依頼出来る業者が頼みやすい。

Read More

キッチン07

周囲への配慮

一戸建ての場合、外壁塗装をするときは周囲の人にあらかじめ知らせておく必要がある。必要であれば、足場のまわりに養生シートを張り巡らせることもある。そうすればペンキの飛沫が飛ぶこともない。

Read More